topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りきちゃん - 2015.12.15 Tue

こんにちわ(^∇^)ノ

12月も半ばになり、バタバタと気持ちだけが忙しなくって。。
今年中に、新しい家族「りき」の事、皆様にご紹介したくて、焦ってました(*´ω`)
どんな仔?どこの仔?なーんて、気になってません?(笑)
スイマセン、上から目線で(ぺこり)
りきちゃんの事、知ってくださいね(^-^)/

ぴぴたん、無事にお月様に到着し元気にしています。って、今、本当にそう思えます。
私も、家族もぴぴたんの死を乗り越えることができたのは、時間も必要です。
そして、この仔、「りき」がいたから、、それは過言ではありません。
IMG_8955-5.jpg
(りき)

次の仔を、お迎えする気持ち、そしてタイミング、
我が家のお話し、それもひとつとして、読んでいただけたらと思います。

ぴぴたんが亡くなり、月へ送り出した後、「今度、、うさぎさん、、、どうする、、?」
うさぎさんとまた暮らしたいなぁ。。みんな心にありました。
家にはうさぎさんが必要だね。。(おとうたん:談)
決して、ぴぴたんを忘れるためではありません。

みんな、ぴぴたんの事、愛しつくし、あんな事、こんな事、何も思い残すことがありませんでした。
必ず来る死が、目の前に来ただけなら、受け止めるしかありません。
そして、、それでも残された私たちは生きて行かなくてはいけないんです。
また、可愛い仔を愛しみ、共に暮らしたいと強く思いました。
愛するということは、愛する自分が幸せであることに間違いありません。
そして、最後まで責任を持ち守り抜くこと、それは生活にもハリが出て、生きがいにもなります。。
健康でいなきゃ、お金も稼がなきゃ。
すべて、ぴぴたんが教えてくれたことですね。。亡くなって初めて知ることです。

ぴぴたんが生まれたのは、うさぎの森(名古屋のブリーダー)です。
usaginomori.jpg

ぴぴたんが生後45日、車に揺られ京都のペットショップにやってきました。
そして、我が家の仔になりました。
その道のりを辿って、うさぎの森に行きました。
お迎えするためではありませんでした。
ただただ、、、ぴぴたんがドナドナしてきた道を走りたかったのです。

初めて訪れたうさぎの森。田舎に来たみたいな懐かしい気持ちになりました。
ぴぴたんが生まれた場所、匂い。
たくさんの可愛い子ウサギさんがいるのに、どこか、ぴぴたんの面影ばかり探してしまいます。
ぴぴたん、ぴぴたん、ぴぴたん。。
ぴぴたんのことばかり頭に出てきます。
可愛い子うさぎをナデナデした後、また来ようね、、、って店を後にしようとした時、
入り口の近くのケージに目が留まりました。
ちょっと仮置きしてあるような場所に一羽のうさぎさんがいました。

「あれ?ぴぴたん?」

ぴぴたんと同じ丸くて可愛い背中をしてる仔が。。
なんだか似てる、、、やだ、、やだ、、今まで我慢してた涙が一気に流れてきました。
どこかぴぴたんの面影を持った仔、それが「りき」でした。

IMG_8534-5.jpg

ぴぴたんはオパール、りきはブルーオター、同じようにグレー系でありますが、
違います。目の周りは白く縁どられてるし、男の子、そしてとても小さい。。
ぴぴたんとはまるで違うんですが、シルエットやしぐさが似ていました。
なんだろう、、、この子が好きだな。。正直な気持ちでした。
すでに生後6か月、もうすぐ大人だと伝えられました。
そんなの関係ない!!この子が好きだよ!!

生後6ヵ月を過ぎてた「りき」。
りきにも、一生に1度ベビーだけが持つ可愛い時期があったはず。
きっとたくさんの方が、お迎えを検討し、りきを抱いたことでしょう。
何か違った?誰も「りき」にピンと来なかった?
6カ月になるまで、たくさんの出会いがあったでしょう。
でも、ここにいたってことは、、、
私を、、私たち家族が迎えに来ることを待ってたんじゃないかな。。
そう思わずにはいられなかった。

ぴぴたんが亡くなって初めて、うさぎさんに触れて、気持ちが変になってるのかな?
冷静に考えた、、、
もう、この仔を誰にも渡したくなかった。。
この手を離すと、もう会えないかもしれないと思いました。
「一緒に帰ろうね、いい?」

待たせてごめんね、、うちの子になってください。。
って話した。

こうやって「りき」と出会いました。

6カ月になっているということは、人格もすでに形成され、
ベビーからとは違う、大人のうさぎさんという未知の子育てが始まるんだという不安と、
ぴぴたんを愛するように、何もかも愛していけるのかという複雑な気持ちでした。

そして、「りき」は私たちを受け入れてくれるんだろうか?
心休まる我が家であり、唯一無二の家族になれるんだろうか?
ぴぴたんのように。。

uusagi2.jpg
そんな思いを巡らせ、「りき」を膝に乗せて、名古屋から京都の我が家へ向かいました。

不安なのは「りき」あなたが一番不安だったでしょう。。

毎度、長くなりました。(ぺこり)
次回は「りき」の性格など、ご紹介します。
最後まで読んでいただいてありがとうございます。

読んでくれてありがとね♥
にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへa_02.gif人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

りきちゃんのおうち «  | BLOG TOP |  » 月からの贈りもの

プロフィール

ぴぴたんまま

Author:ぴぴたんまま


初代うさぎ
名前:ぴっぴ       
(通称:ぴぴたん)
性別:女の子
年齢:4歳7ヶ月でお月様に移住しました。
誕生日:2010年12月25日
>>クリスマス生まれです!
お迎え:2011年2月1日
お月様へ:2015年8月11日
>>おとうたんの一目惚れで家族になりました。


二代目うさぎ
名前:りき       
(通称:りきちゃん)
性別:男の子
年齢:現在1歳11カ月
誕生日:2015年3月4日

管理人:おかあたん(ぴぴたんまま)
同居人:おとうたん 
    おにいたん(25歳) 
    おねえたん(22歳)

カテゴリ

未分類 (4)
うさぎ (554)
うさぎ&UVERworld (9)
うさぎ&管理人 (67)
避妊手術 (6)

最新記事

バックナンバー

お気に入りリンク

このブログをリンクに追加する

ご訪問ありがとうございます

うさぎ日替わりカレンダー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。